書く・文章

プロ編集者の僕が推す世界一簡単な文章の書き方。コツはたった1つ

結論から書くと、「文章はシンプルさが命」。

これだけ頭に入れればOK。

誰でも文章は書ける。みんな、難しく考えすぎ。難しく考えるほど、文章は書けなくなる

だから「文章苦手過ぎて何書いていいかわからない」って思う人は、巷に溢れている「誰でも簡単!ライティングのコツ10選」みたいなまとめ記事じゃなくて、これだけ頭に入れておけばオッケーです。

世界一簡単なライティング術って

具体的な流れはというと、とてもシンプルです。

1.結論を書く

2.根拠を書く

3.根拠に対する「たとえば」を2つほど書く

4.「2」と「3」のセットを計3回行う

5.「以上の根拠から、●●(結論)を行うべきです」とまとめる

以上。シンプルでしょ?

もうこれだけで、十分。これ以上、いらない。

「え、それだけ?」って頭に浮かんだ人がいると思うので、ここからは上の流れに沿って根拠を説明していくことにしますねー。

根拠① 伝えたいことだけ伝えられる

シンプルにコンパクトにまとめると、必然的に言いたいことがまとまります

文章はシンプルに書くことが大事です
文章書くときってとても悩むじゃないですか? あの話を入れたほうがいいんじゃないか、こっちのほうがいいんじゃないか、全部入れちゃえ!みたいな。でもそれってどうなんでしょうか。どっちも必要だとは思うんですが、言いたいことを簡単にまとめたほうがいい気もしますし。だってあんまり長い文章って……

どちらがわかりやすいかは明白ですよね?

ムダを削ぎ落として自分の一番伝えたいことを伝える

これが一番大事。

例えばですけど、Appleのデザインってシンプルでカッコイイじゃないですか?

他のPCと違うのは、リンゴマークがあるかないかだけ。でもリンゴマーク以外ないからこそ、リンゴマークの美しさが伝わる。

文章も同じで、自分の伝えたいことだけ書くのがいい。

補足の大半は蛇足です。ムダ。なので、書かないほうがいい。むしろそのほうが相手に伝わります。

ちなみにシンプルが最強って話はここでしてあるので、こちらも目を通してもらうといいかもしれません。

[getpost id=”87"]

根拠② 現代人は長文を読まない=長いはムダ

現代人はシビアです。忙しく、時間に追われていて長い文章を読まない。

読み飛ばし、読み飛ばし、読み飛ばしからの読み飛ばし。

思い返してみてください。

今日、スマホ何分触りましたか?

読んだ文章の内容、覚えてますか?

ほとんどの人が、ほとんどの内容を覚えていないと思います。僕ですか? 覚えてないですよw

とかく現代人は情報過多で忙しく、シビアです。なんでも無料で手に入る。無料で手に入るからこそ、無料の文章に価値を感じることが少ない。

そんな中で人に読まれる文章を書かなければいけないのだから、短くてシンプルにしたほうがいい。

短くシンプルな上で、根拠を提示して説得力を出していくことが最強。その上、具体例まであればなおよし。

根拠③ 「わかりやすさ=賢さ」だからです。

そして最後に。シンプルにまとまっているほうが説得力が出ます

ダラダラ長い文章に価値はない。正確に言えばダラダラ長い文章を読んでもらうための技術はあるんですが、めちゃめちゃハードルが高い。だから、初心者には向かない。

だったら、もうシンプルでいいじゃない。簡潔でOK。そのほうが時間も短くて済むし、何より賢く見える。

思い返してみてください。

話が長い人と、話が短い人。

仕事をする上で、どちらがやりやすいですか?

ほとんどの人は、短い人のほうではないでしょうか。

話が短すぎる人は、説明不足の面があるかもしれません。でも、もし何かに疑問を感じたらこっちから聞けますよね? 返ってくる答えは短くシンプル。そうすると話はとんとん進む。

一方、話が長い人は難しい。(こちとらどうでもいい)背景の説明とか、取引先の人の趣味がどうとか、そんな話されても「は、はぁ」って話。肝心の話になった頃には脳休止状態。ああ、やりづらい。

そんな半分愚痴はさておき、わかりやすさは正義わかりやすく話せる人、書ける人は賢い

賢い人の周りには多くの人が集まる。

だったら、シンプルでいいじゃない。

もうシンプルに書く以外の選択肢ある?」って話なわけですな。

ね、書けそうな気がしてきたでしょ?

結論。「文章はシンプルさが命」。

これだけ心がけて書けば、十分です。

文章書けないのにいきなり「ライティングをする上で意識したい10のコツ」とか言われても、そんなん頭に入らない。実践もできない。

デートしたことないのにいきなり目の前にガッキーと広瀬すずと土屋太鳳と桐谷美玲と本田翼と有村架純並べられて『デートしてみ?』」って言われるのとおんなじような話ですよ。

頭の中は「????????????」が並ぶだけでなんにもできない状態、童貞乙orzみたい。

まずやるべきは、誰でもいいからデートしてみること。

そして、小細工なんかしないでシンプルにいくこと。

で、一つだけでいいから「このデートコースなら絶対満足してもらえる」って道を見つけられたら勝ち。

文章でも同じ。

まずは書いてみる。

シンプルに書く。

一つでいいから、自分の書き方を見つける。

これができれば、ガッキーだって口説ける……かはわかりませんが、あなたの文章を目に止めてくれることはあるかもしれませんよ?


参考文献

先日書評を書いた「一分で話せ」のときに紹介したライティング術ですが、秀逸すぎる内容だったので単体で取り上げることにしました。

[g[getpost id=”113"]p>

おすすめ・参考文献・Special Thanks

メンタリストDaiGoの「心理分析してみた!」

年間5000本の論文を読む鈴木佑さんのブログ『パレオな男』

ABOUT ME
ソティ
元ブラック企業務めの社畜( ー`дー´)キリッ。長時間労働&低収入&幸福度底辺から抜け出し、変身しました!【労働】一日15時間の社畜→一日6時間以下 【睡眠】一日3時間→7.5時間以上 【ダイエット】MAX72キロ→今59キロ。自分を変えたくても変えられない人へ、変身できる方法を発信していきます(*^^*)
こちらの記事もおすすめ!